NEW ENTRY

ダイエット

2020/3/25

ご飯の糖質を簡単OFF*キッチングッズTou Tool(トウトール)、管理栄養士が考察。

管理栄養士のあんずです。 近年糖質OFFダイエットが話題であり、本が出ていたりテレビでも頻繁に取り上げられていますね。 糖質を摂りすぎている人向けにおすすめらしいキッチングッズ「Tou Tool(トウトール)」ご存じですか? 2020年3月23日、お昼の情報番組「ヒルナンデス!」でも放映され話題になっておりましたので、どんな商品なのか調べてみました。 記事の最後に、糖質OFFについて少し触れていますので、最後まで是非ご覧いただきたいです。   Tou Tool(トウトール)ってどんな糖質OFFの ...

ReadMore

XM

2020/3/31

XM口座への入金方法(国内銀行送金・クレジット/デビットカード・bitwallet・STICPAY・BXONE)|XMトリセツ

必要に応じて運用資金を増やすには入金が必要です。 入金することで入金ボーナスも発生しますので、入金の方法も知っておきましょう。 入金手段も豊富で特徴もそれぞれ異なりますので、解説いたします。 <<入金ボーナスについてはこちら>> 目次XMへの入金手段の種類XMへの入金手段別の概要比較XMへの入金の手段を選ぶときの注目ポイント入金手段の注目ポイント①出金時のルール入金手段の注目ポイント②電子ウォレットを選ぶことで必要になる「手間とお金」入金手段の注目ポイント③入金手段を1つに決めるの ...

ReadMore

テクニカル分析のキホン

2020/2/27

株・FX初心者必見!これだけは覚えたい代表的なチャートパターン

株やFXでテクニカル分析をしている人は勉強する部分ではないでしょうか。 ここでは、代表的なものをまとめていきます。 ダブル系 ◆ダブルトップ ◆ダブルボトム 三尊系 ◆三尊天井 ◆逆三尊 トライアングル系 ◆三角持合い ◆下降トライアングル ◆上昇トライアングル ピンバー系 ◆上ヒゲ ◆下ヒゲ   N字 ◆上げ三法 ◆下げ三法 その他 ◆カップウィズハンドル ◆包み線 ◆デットキャットバウンス どんなチャートパターンが出現しているだろうか ◆2491 バリューコマース 月足 ◆日経平均先物 日足 ...

ReadMore

money~資産運用~

2019/12/29

株の専門用語ざっくり解説集|「非常食がもらえる優待銘柄紹介」記事ver.

優待銘柄紹介の本編はこちら 非常食の優待銘柄記事では、株の専門用語も沢山使用しています。 言葉が難しくてUターンされるのは悲しいので、ざっくり用語解説集をつくりましたので参考にしてください。 目次株主優待権利確定月配当利回り優待利回り総合利回りチャート日足・週足・月足チャートパターンダウ理論 株主優待 株主優待とは、株式を保有している人(株主)に対して企業がお礼として年に1回~2回程度贈るものです。 上場企業のすべてが株主優待制度を取り入れているワケではなく、ない企業もあります。 何株保有している人に贈呈 ...

ReadMore

money~資産運用~

2020/1/22

非常食がもらえる優待銘柄|【1332】日本水産

こちらの記事では、非常食の管理を株主優待ですることが理想であるという話をしました。 実際にどんな銘柄があるのか? 私が探しただけで、今のところ13銘柄発見できています。(2019年12月現在) これらの銘柄の株を保持していくことは現実的に考えてメリットはあるのか?(資産的な意味でも) リスクはどれくらいなのか? シリーズ化して検証していきたいと思います。 今回は【1332】日本水産 について考察します。 目次日本水産ってなんの会社??日本水産の株主優待の内容総合利回りから日本水産の株を考察チャート分析から ...

ReadMore

XM

2020/3/31

【MT4アプリ】MT4アプリの使い方|XM・MT4トリセツ

FXトレードでMT4を利用する人の中には、スマホ画面からも取引したい人もいるのではないでしょうか。 スマホアプリでもチャートを表示することもできるので、モニター数を増やせるというメリットもあります。 FXを始めるにあたって海外FX業者のXMをおすすめしています。 XMおすすめ理由ついて→<<こちらの記事>> XMの口座開設について→<<こちらの記事>> XMでのMT4のダウンロード~ログインについて→<<こちらの記事>> 今回はMT4 ...

ReadMore

money~資産運用~

2020/3/2

非常食の期限管理におすすめ!株主優待の活用術

2019年は、台風などで停電・断水など、非常食の大切さを身近に感じた人は多かったのではないでしょうか。 長期保存が可能なものも多くありますが、どのように管理していますか? 日ごろの食材ストックを多めにして非常食にしている 非常食はそれ単体としてしっかり必要分管理している 管理法は家庭によって様々とは思いますが、必要な時に期限切れで使えないなんてことになれば、笑えません。 期限が切れないように管理や入れ替えが必要ですよね。 管理方法の選択肢の一つに株主優待を利用したらどうか?? 株主優待を始めるにあたっては ...

ReadMore

テクニカル分析のキホン

2019/12/29

ダウ理論|テクニカル分析のキホン

ダウ理論はテクニカル分析を行うにあたり必ず理解しなければいけない基本的な考え方です。 多くのテクニカル解説書でもまず真っ先に触れられるのがこの「ダウ理論」でしょう。 この記事では、ダウ理論の基本について解説します。 目次0.ダウ理論とは1.ダウ理論の基本理念1-1. 価格はすべての事象を織り込む1-2. 市場には3種類のトレンドがある1-3. メジャートレンドは3つの局面がある1-4. 平均は相互に確認されなければならない1-5. トレンドは出来高でも確認されなければならない1-6. トレンドは明確な転換 ...

ReadMore

テクニカル分析のキホン

2019/12/29

移動平均線|テクニカル分析のキホン

移動平均線は、取引ツールには必ずローソク足ともに表示されている基本的なテクニカルツールです。 さらに、テクニカル分析を学ぶにあたって、ローソク足と並んで重要とされています。 今回は移動平均線のキホンを解説します。 目次1.移動平均線とは2.移動平均線はなぜ基本なのか3.移動平均線でこんなことがわかる!!①指定した期間の、相場参加者の平均取得単価を知る②トレンドの方向性を知る③現在の価格と移動平均線の乖離から、買われ過ぎ、売られ過ぎを見る④レジスタンス&サポートの機能4.様々な時間軸の移動平均線5.移動平均 ...

ReadMore

栄養素ミニ解説

2019/12/26

亜鉛~新陳代謝や成長に欠かせない~

目次亜鉛の多い食品亜鉛のはたらき亜鉛の特徴食事でのポイント 亜鉛の多い食品 赤身の肉、魚介類、納豆、など。 魚介類の中でも代表格は海のミルクと呼ばれる牡蠣。 (牡蠣の種類・旬などの情報を詳しく知りたい方はこちら。※外部リンクへ飛びます。) 1度の摂取量は多くないですが、ナッツや胡麻、なども100gあたりの含有量は多い食品です。   亜鉛の多い食品と含有量(mg) 日本食品標準成分表2015年版より 牡蠣は断トツで含有量が豊富。 食中毒に気を付けて積極的に摂りたい食材です。 (頻繁に多量摂取は控え ...

ReadMore

スポンサーリンク

スポンサーリンク

テクニカル分析のキホン

移動平均線|テクニカル分析のキホン

移動平均線は、取引ツールには必ずローソク足ともに表示されている基本的なテクニカルツールです。

さらに、テクニカル分析を学ぶにあたって、ローソク足と並んで重要とされています。

今回は移動平均線のキホンを解説します。

1.移動平均線とは

移動平均線は、表示する時間軸(分足、日足、週足、月足等)ローソク足の終値の平均をつないで表示した線のことです。

例えば5日移動平均線は、当日を含めた直近の5日間の終値を平均した数字を線として表示させたものです。

”直近の5日間の終値を平均”なのでローソクが1本増えるたびに、再計算されます。

これによって計算された点を線上に結んだものが移動平均線です。

上記の移動平均線は”単純移動平均線”と呼ばれています。

◆移動平均線の種類◆

いくつかあり、性格もそれぞれ異なります。

  • 単純移動平均線(SMA)
  • 加重移動平均線(WMA)
  • 指数平滑移動平均線(EMA)

加重移動平均線(WMA)と指数平滑移動平均線(EMA)は若干、複雑です。

まずは基本となる単純移動平均線(SMA)の概念をしっかり理解しましょう。

 

一口メモ

移動平均線は英語で”Moveing Average (ムービングアベレージ)”と呼ばれ、

5日移動平均線や25日移動平均線のことを多くのトレーダーが“5MA”や”25MA”というように表記する場合が多いので覚えておきましょう。

 

2.移動平均線はなぜ基本なのか

本稿のタイトルにあるように、移動平均線こそがテクニカル分析の“キホン”とも呼べる存在です。

移動平均線自体が様々なテクニカル分析に使えるばかりか、ボリンジャーバンドやMACDというようなテクニカル指標は移動平均線の数字をもとに構成されています。

テクニカル分析を学んでいく過程で、こういったボリンジャーバンドやMACD、%エンベローブ使用する手法を見聞きすることが多いと思います。

それらの手法の優位性を考えるにあたって、その源流である移動平均線の成り立ちを理解する必要があります。

移動平均線自体の使い方やバリエーションも多岐にわたるので、それらの性格を把握しておくべきでしょう。

 

3.移動平均線でこんなことがわかる!!

移動平均線を使用する目的は、主に4つの理由が考えられます。

  1. 指定した期間の、相場参加者の平均取得単価を知る
  2. トレンドの方向性を計る
  3. 現在の価格との乖離から、価格の行き過ぎ感を見る
  4. レジスタンス&サポートの機能

 

この4つの観点について、もう少し掘り下げてみましょう。

 

①指定した期間の、相場参加者の平均取得単価を知る

25日移動平均線を例に解説します。

25日移動平均線は、25日間の終値の平均価格ですから、直近25日間の相場参加者のおおよの平均取得単価を予測することができます。

この移動平均線とローソク足の位置関係に注目することによって、その銘柄を取引する相場参加者たちのうち、買い方に利益がであるか、売り方に利益が出ているのかを“おおむね把握”することができます。

この銘柄の移動平均線は、短期:5日線、中期:25日線、長期:75日線の設定がされています。

このことから、この銘柄における相場参加者の”概ね”の平均取得単価はそれぞれ、

直近5日間:5110円

直近25日間:5150円

直近75日間:5295円

ということがわかります。

現在の株価は5090円にですから、最近エントリーした相場参加者も、すこし長めの時間軸をもつ相場参加者も基本的には「含み損」の人が多いということになります。

含み損の相場参加者が多いと、株価が地合いの好転などで上昇してもいわゆる”やれやれ売り”が発生しやすくなり、株価の上昇の妨げになりやすくなります。

移動平均線はこのように相場参加者の”需給”をおおまかに確認することができます。

 

②トレンドの方向性を知る

トレンドとは、価格の方向性を表しており、上昇、下降、横ばい(レンジ、ボックス)が存在します。

ダウ理論では、トレンドの定義を「高値安値の切り上げ(切り下げ)」と定義していますが、

移動平均線の向きが上、下、横ばいかによって、トレンドの方向性を疑似的に確認することができます。

移動平均線が上向きということは、その期間内の相場参加者の多数は“上値を追っている”ということです。

逆に移動平均線が下を向いていたり、横ばいの場合はトレンドが上向きとは言いづらいでしょう。

短期、中期、長期の順番で移動平均線が上向きの状態は”パーフェクトオーダー”と呼ばれ、強いトレンド状態にあることを示しています。

また、この3つの期間の平均線の並び方や動きに着目した”ゴールデンクロス/デッドクロス”の考え方や、”移動平均線大循環分析”と呼ばれるものもあります。

これについては別稿で詳しく解説していきます。

まとめ

  • 上昇トレンド
    ローソク足が移動平均線より上に位置し、移動平均線自体が上を向いている
  • 下降トレンド
    ローソク足が移動平均線より上に位置し、移動平均線自体が下を向いている
  • レンジ
    ローソク足が移動平均線を上回ったり、下回ったりして、移動平均線が横向き

パーフェクトオーダーのチャート例

◆”パーフェクトオーダー”の状態にあり上昇トレンド

 

◆”パーフェクトオーダー”の状態にあり下降トレンド

 

③現在の価格と移動平均線の乖離から、買われ過ぎ、売られ過ぎを見る

現在の価格(ローソク足)と移動平均線の乖離から、いわゆる「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」という現在の価格を相対的に評価することができます。

何を基準にして、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」と判断するのかの意見は様々だと思いますが、現在の価格(ローソク足)と価格移動平均線の乖離に注目することによって、指定した期間の相場参加者の“含み損益”を計ることできます。

例えば、25日移動平均線から20%プラスに乖離した銘柄があるとすれば、直近の約1ヵ月間の相場参加者の多くは20%以上の含み益の状態になります。

この状態は近い将来、利益確定の売り注文がでやすくなる予想がされます。

逆に、マイナスの方向に乖離幅が広い場合、空売り勢の利益確定の決済買い注文が出やすくなるため、下げ止まりからリバウンド局面に移行する場合もあります。

この移動平均線の乖離率に着目した手法で特に有名なのが、”ジェイコム男”で有名なBNFさんの逆張り手法です。

日経平均が4年間で18,000円から8,000円と大きく下げ続けるなか、160万円ほどの資産を2億円以上に増加させた手法ということなので、一度調べてみると参考になるでしょう。

 

一口メモ

移動平均線乖離離は『楽天証券』の株アプリや個人投資家に人気のサイト『株探』でも簡単に確認することができます。

 

④レジスタンス&サポートの機能

移動平均線は時として、レジスタンス&サポートとして機能することがあります。

この側面はテクニカル分析の古典的な概念である「グランビルの法則」でも言及されており、実際の相場でもこの現象はよくみられます。

「グランビルの法則」では、200日移動平均線を基準にしていますが、金融商品によっては

5日線、25日線、75日線などの移動平均線にレジスタンス&サポートが観測される場合もあります。

特に日本株においては、その銘柄を主戦場にする大口投資家が、”チャートを作り”に来ている場合その傾向がより強くなるケースがあります。

ここで大切なことは、200日線や75日線がレジスタンス&サポートの機能する場合が多いからといって、それのみを観察し続けるのではなく、

発想を逆にして、御自身の取引する銘柄に様々な移動平均線を当てはめてみてどの数字のものが効いているのか探してみることでしょう。

レジスタンスサポートラインとして機能する移動平均線のチャート例

◆75日移動平均線(緑色の線)がレジスタンスラインになっている銘柄

 

◆75日線(緑色の線)がサポートラインになっている銘柄

 

 

4.様々な時間軸の移動平均線

単に移動平均線といってもその時間軸(分足、日足、週足、月足)によって様々な意味を持ちます。

日足チャートにおける

短期線:5日、中期線:25日、長期線:75日という期間は、我々の時間間隔の区切りのよいところでの平均を知ることを目的にしているのです。

短期線:5日=1週間

中期線:25日=約1ヵ月

長期線:75日=約3ヶ月

 

5日線ならば、相場の動く月曜日~金曜日の5日間=1週間という期間の相場参加者の平均取得単価を把握しようという意図があるわけです。

同じように、週足の期間は

短期線:13週=約3ヶ月

中期線:26週=約6ヵ月

長期線:52週=約1年間

 

月足の期間は

短期線:12か月=約1年

中期線:24か月=約2年

長期線:60か月=約5年

 

というように非常に区切りよい、我々に馴染みの深い時間の“節目”を基準にしています。

裏技メモ

アメリカの機関投資家のトレーダーはフィボナッチ数列を移動平均線の数字に設定している場合が多いと言われています。

3、5、8、13、21、34、55、89、144、233などのフィボナッチにまつわる数字を当てはめてみると不思議とレジスタンス&サポートとして機能していることがあるので色々当てはめてみましょう。

実際のチャート例

◆BTC/JPY日足:指数平滑移動平均線(EMA)34日線

◆USD/JPY4時間足:指数平滑移動平均線(EMA)89日線

 

5.移動平均線関連テクニカル用語集

◆インジケータ等

  • 単純移動平均線(SMA)
  • 加重移動平均線(WMA)
  • 指数平滑移動平均線(EMA)
  • 複合型移動平均線(GMMA)
  • ボリンジャーバンド
  • MACD
  • %エンベローブ
  • モメンタム
  • コモディティチャネルインデックス

◆手法、法則

  • グランビルの法則
  • 移動平均線乖離率を用いた逆張り
  • ステージング理論
  • 移動平均線大循環分析
  • ゴールデンクロス/デッドクロス
  • パーフェクトオーダー
  • 移動平均線の収斂(しゅうれん)
  • 移動平均線の数値をフィボナッチに
  • うねりどり

スポンサーリンク

-テクニカル分析のキホン

Copyright© すきまtimeねっと , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.