NEW ENTRY

優待

2020/6/24

非常食がもらえる優待銘柄|【6592】マブチモーター

非常食の管理を株主優待で行ってみたらどうか? こんな発想から始まった非常食銘柄シリーズです。 実際にどんな銘柄があるのか? 私が探しただけで、今のところ13銘柄発見できており(2019年12月現在)、第2弾まで完了しています。 序章:防災の備蓄を優待で管理するメリットデメリット 第1弾【1332】日本水産 第2弾①【7635】杉田エース 第2弾②【7635】杉田エースのチャート分析 これらの銘柄の株を保持していくことは現実的に考えてメリットはあるのか?(資産的な意味でも) リスクはどれくらいなのか? 第3 ...

ReadMore

株取引の基礎

2020/5/17

株式投資初心者が知っておきたい「情報収集」|電話でのIR問い合わせ

投資活動をして自分の資産を運用していくうえで、情報収集することも重要ですね。 普段は四季報、HPなどで情報を集めているかと思います。 しかし調べていると疑問が出てくることがありますよね。 たとえば、 優待内容って変更する予定あるかな? 優待は自社製品ってかいてあるけど、実際いくら分くらいのものなのだろう?(優待利回りしりたい) などなど。 会社説明会や、株主総会などのイベント時には直接企業に質問をすることができますが、日常的に質問をしたい時に活用したいのが「IRへの問い合わせ」です。 先日、初めてIRに電 ...

ReadMore

XM

2020/5/16

XMのロイヤルティプログラムで運用資金を増やす|XMトリセツ

XMロイヤルティプログラムとは、XMの取引(入金後のリアルトレードに限る)に応じて「XMTradingポイント=XMP」がもらえるポイント還元プログラムです。 貯まったポイントは、取引ボーナスや現金に換金でき、トレード資金として利用ができます。 そんなプログラムの詳細についてこの記事で解説します。 目次ロイヤルティプログラムの仕組み◆ロイヤルティプログラムの概要◆ロイヤルティプログラムの4つのステータス◆ランクアップの条件◆XMステータスランクダウンとポイント消失の条件貯まったロイヤルティポイントの確認方 ...

ReadMore

優待

2020/5/15

非常食がもらえる優待銘柄|【7635】杉田エース~チャート分析してみた~

非常食がもらえる優待銘柄の第2弾、【7635】杉田エース。 貰える優待内容や、必要資金などについてはこちらの記事で紹介しています。 個人的には、どんなに良い優待内容だからと株を保有し続けても、 株価が下がり続け「普通に非常食を買ったほうが安い」となってはリスクのほうが高いと考えています。 今回は、長期保有目的で購入すると仮定して、チャート分析から株価の変動におけるリスクがどの程度考えられるのか考察していきます。 杉田エースのチャート分析 杉田エースの分析を始めるあたって、、、 この銘柄、「板が薄い」という ...

ReadMore

money~資産運用~

2020/5/12

おすすめ証券会社~日本株口座ver.~

SBI証券 メリット スマホチャートの見やすさ◎&使いやすさ◎ 地方証券(札幌、名古屋、福岡証券)への注文が簡単にできる。 IPOポイントが貯められる。 PCツールの見やすさ〇(フル板は◎) 単元未満株の取引ができる デメリット スマホで歩み値が確認できない。 PCツールで歩み値が確認できるが、秒数までは表示されない。 売買が非常に多いとPCツールの歩み値が表示されずに飛ぶケースがある。(正しく歩み値が表示されない) SBIネオモバイル証券 メリット Tポイントで個別株の売買ができる。(日本初!!!!) ...

ReadMore

優待

2020/5/13

非常食がもらえる優待銘柄|【7635】杉田エース

こちらの記事では、非常食の管理を株主優待ですることが理想であるという話をしました。 実際にどんな銘柄があるのか? 私が探しただけで、今のところ13銘柄発見できています。(2019年12月現在) これらの銘柄の株を保持していくことは現実的に考えてメリットはあるのか?(資産的な意味でも) リスクはどれくらいなのか? シリーズ第1弾は【1332】日本水産(記事はこちら) 第2弾は【7635】杉田エース について考察します。 目次杉田エースってなんの会社??長期保存食を取り扱う「IZAMESHI」杉田エースの株主 ...

ReadMore

ダイエット

2020/3/25

ご飯の糖質を簡単OFF*キッチングッズTou Tool(トウトール)、管理栄養士が考察。

管理栄養士のあんずです。 近年糖質OFFダイエットが話題であり、本が出ていたりテレビでも頻繁に取り上げられていますね。 糖質を摂りすぎている人向けにおすすめらしいキッチングッズ「Tou Tool(トウトール)」ご存じですか? 2020年3月23日、お昼の情報番組「ヒルナンデス!」でも放映され話題になっておりましたので、どんな商品なのか調べてみました。 記事の最後に、糖質OFFについて少し触れていますので、最後まで是非ご覧いただきたいです。   Tou Tool(トウトール)ってどんな糖質OFFの ...

ReadMore

XM

2020/3/31

XM口座への入金方法(国内銀行送金・クレジット/デビットカード・bitwallet・STICPAY・BXONE)|XMトリセツ

必要に応じて運用資金を増やすには入金が必要です。 入金することで入金ボーナスも発生しますので、入金の方法も知っておきましょう。 入金手段も豊富で特徴もそれぞれ異なりますので、解説いたします。 <<入金ボーナスについてはこちら>> 目次XMへの入金手段の種類XMへの入金手段別の概要比較XMへの入金の手段を選ぶときの注目ポイント入金手段の注目ポイント①出金時のルール入金手段の注目ポイント②電子ウォレットを選ぶことで必要になる「手間とお金」入金手段の注目ポイント③入金手段を1つに決めるの ...

ReadMore

テクニカル分析のキホン

2020/2/27

株・FX初心者必見!これだけは覚えたい代表的なチャートパターン

株やFXでテクニカル分析をしている人は勉強する部分ではないでしょうか。 ここでは、代表的なものをまとめていきます。 ダブル系 ◆ダブルトップ ◆ダブルボトム 三尊系 ◆三尊天井 ◆逆三尊 トライアングル系 ◆三角持合い ◆下降トライアングル ◆上昇トライアングル ピンバー系 ◆上ヒゲ ◆下ヒゲ   N字 ◆上げ三法 ◆下げ三法 その他 ◆カップウィズハンドル ◆包み線 ◆デットキャットバウンス どんなチャートパターンが出現しているだろうか ◆2491 バリューコマース 月足 ◆日経平均先物 日足 ...

ReadMore

money~資産運用~

2019/12/29

株の専門用語ざっくり解説集|「非常食がもらえる優待銘柄紹介」記事ver.

優待銘柄紹介の本編はこちら 非常食の優待銘柄記事では、株の専門用語も沢山使用しています。 言葉が難しくてUターンされるのは悲しいので、ざっくり用語解説集をつくりましたので参考にしてください。 目次株主優待権利確定月配当利回り優待利回り総合利回りチャート日足・週足・月足チャートパターンダウ理論 株主優待 株主優待とは、株式を保有している人(株主)に対して企業がお礼として年に1回~2回程度贈るものです。 上場企業のすべてが株主優待制度を取り入れているワケではなく、ない企業もあります。 何株保有している人に贈呈 ...

ReadMore

スポンサーリンク

スポンサーリンク

XM

XM口座への入金方法(国内銀行送金・クレジット/デビットカード・bitwallet・STICPAY・BXONE)|XMトリセツ

必要に応じて運用資金を増やすには入金が必要です。

入金することで入金ボーナスも発生しますので、入金の方法も知っておきましょう。

入金手段も豊富で特徴もそれぞれ異なりますので、解説いたします。

<<入金ボーナスについてはこちら>>

目次

XMへの入金手段の種類

入金の手段は大きく3種類あります。

  • 国内銀行振込
  • クレジットカード/デビットカード【VISAまたはJCB】
  • 電子ウォレット
    bitwallet
    SticPay
    BXONE Wallet

XMへの入金手段別の概要比較

入金手段別の、入金手数料・最低入金額・入金反映時間の目安を一覧にまとめました。

入金手段 入金手数料 最低入金額 入金反映時間の目安
国内銀行振込 10,000円未満の入金で980円かかる。
銀行側でかかる振込手数料アリ。(XM指定銀行なら無料)
制限なし。
手数料を0円にするには10,000円以上の入金が必要。
銀行営業時間内→1時間程度
銀行営業時間内→翌営業日
クレジット/デビットカード(VISAまたはJCB) 無料 VISA:500円
JCB:10,000円
即時
(平日24時間入金OK)
bitwallet 無料
bitwalletへの入金には手数料がかかる※1
500円 即時
(平日24時間入金OK)
SticPay 無料
SticPayへの入金には手数料がかかる※2
500円 数分程度
(平日24時間入金OK)
BXONE Wallet 無料
BXONEへの入金には手数料がかかる※3
500円 即時
(平日24時間入金OK)

 

※1:bitwalletへの入金手数料

クレジットカート→入金額の4~5%

銀行振込→入金額の0.5%

※2:SticPayへの入金手数料

クレジットカート→入金額の3.85%
銀行振込→入金額の1%

※3:BXONE Walletへの入金手数料

銀行振込の入金額100万円未満→入金額の1%
銀行振込の入金額100万円以上→入金額の0.5%

※1、2、3の振込手数料はキャンペーン等で負担額が変わっている場合もありますので、各入金方法のサイトで確認してください。

(電子ウォレットからXM口座への入金の手数料は無料)

 

XMへの入金の手段を選ぶときの注目ポイント

どの方法が一番良いのかについては、誰しもが気になるところだと思います。

  • 振込手数料
  • 入金反映時間
  • 入金~出金を含めた手間の少なさ

これらを考慮して、国内銀行振込がおすすめです。

入金手段を選ぶにあたって必要そうなポイントを3点、追加で紹介します。

自分に合う入金方法を選んでください。

 

入金手段の注目ポイント①出金時のルール

  1. 入金をした額と同額までの出金は、入金方法と同じルートで出金すること
  2. 入金分を越えて出金(トレードでの利益分の出金)については、『電信送金(海外銀行送金)』に限る

など複数の基本ルールがあり、入金方法の手段によって出金方法が決定します

詳しくは「出金」で解説していますのではここでは省きますが、国内銀行振込以外の入金を選ぶ方は、出金方法が複数かつ複雑になることを覚えておいてください。

<<出金についてはこちら>>

 

入金手段の注目ポイント②電子ウォレットを選ぶことで必要になる「手間とお金」

すでに電子ウォレットの口座を開設している人は、そちらからの入出金が便利かもしれません。

しかし、現時点で電子ウォレットを持っていない人は、XMの口座開設に併せて電子ウォレットの開設も必要です。

概要でも記述していますが、電子ウォレット【bitwallet、SticPay、BXONE Wallet】を入金方法に選ぶと、

電子ウォレットに入金するにあたって結局国内銀行振込やクレカなどからの作業が必要で、そのための手数料も発生します。

電子ウォレット各社への入金手数料比較

◆bitwalletへの入金手数料◆

クレジットカート→入金額の4~5%

銀行振込→入金額の0.5%

◆SticPayへの入金手数料◆

クレジットカート→入金額の3.85%
銀行振込→入金額の1%

◆BXONE Walletへの入金手数料◆

銀行振込の入金額100万円未満→入金額の1%
銀行振込の入金額100万円以上→入金額の0.5%

各振込手数料はキャンペーン等で負担額が変わっている場合もありますので、各入金方法のサイトで確認してください。

(電子ウォレット→XMの入金では手数料は無料)

入金手段の注目ポイント③入金手段を1つに決めるのがbetter

入金手段は大きく分けて5種類あります。

複数の入金方法を選ぶと、出金の方法、手順が複雑になっていきます。

<<細かい出金方法・手順が知りたい方はこちら>>

出金時の複雑さを回避するためにも、入金方法をあらかじめ1つに絞ることをおすすめします。

クレカ/デビットカードの場合も、1つのカードに絞るとよいでしょう。

 

「国内銀行振込」を使ったXMへの入金について【おすすめ】

「国内銀行振込」を使ったXMへの入金の概要

入金手数料 10,000円未満の入金で980円かかる。
銀行側でかかる振込手数料アリ。(XM指定銀行なら無料)
最低入金額 制限なし。
手数料を0円にするには10,000円以上の入金が必要。
入金反映時間の目安 銀行営業時間内→1時間程度
銀行営業時間内→翌営業日

 

「国内銀行振込入金」を使っってXMに入金するメリット

  • 入金手数料が10,000円以上なら無料。
  • 指定銀行を使えば、銀行側から発生する振込手数料もなし。
  • クレカ/デビット、電子ウォレットでは利益分の出金に制限があるのに対し、銀行は利益分までまとめて出金ができる。
    出金に対応していない国内銀行もあります。
  • 手間がすくない。(電子ウォレットの場合は、銀行やクレカからウォレットへの入金→XMへの入金と、二度手間)

 

「国内銀行振込入金」を使ってXMに入金する時の注意点

注意点1:入金はどこからでもできるが、出金はできない銀行がある

入金はどの銀行からでも可能ですが、出金は「海外からの送金」となり、電信送金となります。

国内銀行の中には「海外からの送金」を拒否している銀行もあります

以下の銀行から入金をする場合でも、出金先は違う銀行を指定すれば問題は全くありません。

「海外からの送金」を拒否している銀行一覧

  • 新生銀行
  • みずほ銀行(ネット支店のみ×)
  • ジャパンネット銀行
  • じぶん銀行
  • ゆうちょ銀行

 

注意点2:XMの口座名義人と入出金先の口座名義人を統一しましょう

XMの口座名義と入出金先の口座名義が異なる場合、入出金ができないか、ペナルティが課せられる場合もあります。

必ず同じ名義で行うようにしましょう。

(マネーロンダリング防止のため、たとえ家族の名義であってもできません。)

 

注意点3:送金時の「振込名義名の形式」が指定されている

XM→国内銀行への送金時をスムーズにするためには、振込名義人を指定された形式に変更する必要があります。

※国内銀行振込手順でも詳しく後述しますが、

「ローマ字氏名+MT4(MT5)口座番号」に設定しましょう。

例:『ICHIRO YAMAMOTO 1234567』

 

注意点4:営業時間による送金制限

銀行の営業時間9:00~15:00での送金手続きを行うと1時間程度で送金が反映されます。

15:00以降に手続きを行うと翌営業日の営業時間内にならないと送金反映されません。時間帯には注意をしましょう。

 

国内銀行振込を使った入金手順

手順①:XM会員ページからログインして、「資金を入金する」をクリックします。

会員ログインページはこちら

 

手順②:入金方法の一覧から、LocalBanksの「入金」のボタンをクリックします。

 

手順③:銀行振込情報の画面に移動するので、振込先の情報GETします。

送金情報を印刷またはスクショ、メモを取りましょう。

※振込情報をよく確認してください。(頻繁に変更されます。)

※指定された以外の銀行から入金すると、銀行側で送金の手数料がかかります。

 

手順④:表示された銀行に振込を行います。

注意:送金時の振込名義名を変更してください。

「ローマ字氏名+MT4(MT5)口座番号」)

例:『ICHIRO YAMAMOTO 1234567』

カタカナ表記はXM側による確認に時間がかかります。

(手順③の振込先の情報の「振込人名義」と同一になるように変更すればOKです。)

【変更ができない場合や間違った入力で送金した場合】

サポートセンター(support@xmtrading.com)にメールをします。

※メール送信には、XM口座開設時に設定したアドレスを使用してください。

送信するメールに必要な情報、画像

  1. 入金に使用したMT4/MT5の口座番号
  2. 送金額
  3. 振込明細画像(送金日、送金額、送金者名、受取名義人がすべて記載されたもの)を添付

 

手順⑤:口座に資金反映のメールが届きます。

入金手続きが無事に終わり、XM口座に反映されると、完了メールが届きます

9:00~15:00の間は、1時間ほどで反映されます。

銀行の営業時間外に行うと、翌営業時間になるまで反映されません。

 

手順⑥:XM口座に入金した金額と、入金・ボーナスが反映されていることを確認したら、無事完了です。

 

※画像の入金前のクレジットが163.00になっているのは、口座開設ボーナスを使用してトレードしているためです。

5万円の入金では、入金ボーナスで100%クレジットがバックされるので、残高(現金)50,000に対してクレジット50,000が反映されます。

<<入金ボーナスの還元率についてはこちら>>で紹介しています。

 

クレカ/デビットカードを使ったXMへの入金について

クレカ/デビットカードを使ったXMへの入金の概要

入金手数料 無料
最低入金額 VISA:500円
JCB:10,000円
入金反映時間の目安 即時
(平日24時間入金OK)

 

クレカ/デビットカードを使ってXMへ入金するメリット

  • 入金手数料が無料。
  • 平日なら24時間いつでも入金できるうえ、入金反映時間が短い。
  • クレジットカードのポイントが貯まる。
    カードショッピング枠を利用するため、入金額分のポイント還元が受けられる。)

 

 

クレジット/デビットカードを使ってXMへ入金する時の注意点

注意点1:使えるカードと使えないカードがある

XMに使用できるクレジット/デビットカードは「VISA」または「JCB」の2種類です。

「MasterCard」は使用できません。

ただし、VISAやJCBでも、送金拒否される場合はあります

クレジット/デビットカードからの送金は「カードで現金を買っている」とみなされ拒否するカード会社もあるからです。

クレジット/デビットカードを入金手段に選ぶ場合は、1社ずつ試していくしかありません!!!

 

注意点2:出金時は入金額までは入金に使用したクレジット/デビットカードでできるが、利益分は電信送金でなければできない

出金時には、

  1. 入金をした額と同額までの出金は、入金方法と同じルートで出金すること
  2. 入金分を越えて出金(トレードでの利益分の出金)については、『電信送金(海外銀行送金)』に限る

など複数の基本ルールがあり、入金方法の手段によって出金方法はおのずと決まります。

クレジット/デビットカードで入金すると、出金にも入金に使用したカードを使用しなければなりません

(クレジット/デビットカードに「入金」ではなく「返金」扱いとしての処理となるためです。)

入金した金額まではクレジット/デビットカードへ出金(返金)を行いますが、

入金額以上の出金(トレードで得た利益分)は、電信送金(海外銀行送金)を利用することになります。

出金時の出金方法が複数に分かれ、作業も複雑化することは覚えておいてください。

詳しくはこちら<<出金の方法>>

 

クレカ/デビットカードを使った入金手順

手順①:XM会員ページからログインして、「資金を入金する」をクリックします。

会員ログインページはこちら

手順②:入金方法の一覧から、「VISA」または、「JCB」の「入金」のボタンをクリックします。

手順③:入金額を入力し、「入金」をクリックします。

VISAの最低入金額→500円

JCBの最低入金額→10,000円

口座開設時に設定した通貨で表示されます。

手順④:口座ID、入金額が正しいことを確認して、「確定」をクリックします。

【VISA】の人→手順⑤へ

【JCB】の人→手順⑥へ

手順⑤:【VISA】カードの情報を入力します。

カード名義人:例)ICHIRO YAMAMOTO

カード番号:16桁

有効期限:例)1/2025(2025年1月の場合)

CVV2(セキュリティコード):カード裏面に記載されている3桁の番号。3桁以上ある場合は下3桁を入力。

カード情報を入力して、間違いがないことを確認したら「入金」をクリックします。→⑦へ

手順⑥:【JCB】カードの情報を入力します。

カード名義人:例)ICHIRO YAMAMOTO

カード番号:16桁

有効期限:例)1/2025(2025年1月の場合)

CVV2(セキュリティコード):カード裏面に記載されている3桁の番号。3桁以上ある場合は下3桁を入力。

国番号:例)JP(▼リストより選択)

カード情報を入力して、間違いがないことを確認したら「入金」をクリックします。→⑦へ

手順⑦:「入金リクエスト完了」画面に移ったら完了です。

手順⑧:入金が確認でき次第、XMから完了メールが届きます。

XM口座に入金・ボーナスが反映されていることを確認しましょう。

 

bitwalletを使ったXMへの入金について

bitwalletは、世界200か国で使えるオンラインウォレットです。

XMだけでなく、多くの海外FX業者の入金方法としても採用されています。

bitwalletを使ったXMへの入金の概要

入金手数料 無料
bitwalletへの入金には手数料がかかる
最低入金額 500円
入金反映時間の目安 即時
(平日24時間入金OK)

 

bitwalletを使ってXMへ入金するメリット

  • 平日なら24時間いつでも入金できるうえ、入金反映時間が短い。
  • 最低入金額が低い。

 

bitwalletを使ってXMへ入金する時の注意点

注意1:bitwalletに入金する際の手数料がかかる

bitwalletを利用するには、bitwalletの口座を開設しbitwalletの口座に一旦お金を入金する必要があります。

bitwalletに入金する際に手数料がかかります。

クレジットカート→入金額の4~5%
銀行振込→入金額の0.5%

bitwalletからXM口座に入金するときは無料でできます。

 

注意点2:出金時は入金額まではbitwalletへ出金ができるが、利益分は電信送金でなければできない

出金時には、

  1. 入金をした額と同額までの出金は、入金方法と同じルートで出金すること
  2. 入金分を越えて出金(トレードでの利益分の出金)については、『電信送金(海外銀行送金)』に限る

など複数の基本ルールがあり、入金方法の手段によって出金方法はおのずと決まります。

bitwalletで入金すると、出金にも入金に使用したカードを使用しなければなりません

入金した金額まではbitwalletへ出金(返金)を行いますが、

入金額以上の出金は、電信送金(海外銀行送金)を利用することになります。

出金時の出金方法が複数に分かれ、作業も複雑化することは覚えておいてください。

詳しくはこちら<<出金の方法>>

 

bitwalletを使った入金の手順

※bitwalletの口座開設および入金が済んだ状態以降のXMでの手順のみ紹介します。

手順①:XM会員ページからログインして、「資金を入金する」をクリックします。

会員ログインページはこちら

手順②:入金方法の一覧から、bitwalletの「入金」のボタンをクリックします。

手順③:bitwalletの情報&資金の入力します。

記載の留意点を確認してから情報を入力しましょう。

bitwallet口座(Eメール):bitwalletで登録したメールアドレスを入力

入金額(JPY):入金したい金額を入力(最低入金500円)

手順④:入力情報の確認をします。

XM口座ID、入金額、bitwallet口座が正しいことを確認したら、「確定」ボタンをクリックします。

手順⑤:bitwalletのログインページに自動で移動します。

「メールアドレス」「パスワード」を入力します。

「私はロボットではありません」にチェックを入れ、「ログイン」ボタンをクリックしてbitwalletにログインします。

手順⑥:bitwallet資金送金の画面に移動するので、送金情報が正しいことを確認して、「決済する」ボタンをクリックします。

手順⑦:送金完了画面に移動したら、「マーチャント画面に戻る」をクリックしてXMの会員ページに戻りましょう。

「入金リクエスト完了」と画面に出ればOKです。

手順⑧:入金が確認でき次第、XMから完了メールが届きます。

XM口座に入金・ボーナスが反映されていることを確認しましょう。

 

STICPAYを使ったXMへの入金について

海外のFX口座、ブックメーカー口座、オンラインカジノ口座などへの入出金ができるオンライン送金サービスです。

直接買い物に使用したり、個人間の送金も可能。

「STICPAY」というプリペイドカードをつくると、直接買い物に使用したり、全世界の提携ATM機(ごく一部対象外の国もアリ)で引き落としも可能。

STICPAYを使ったXMへの入金についての概要

入金手数料 無料
SticPayへの入金には手数料がかかる
最低入金額 500円
入金反映時間の目安 数分程度
(平日24時間入金OK)

 

STICPAYを使ってXMへ入金するメリット

  • 平日なら24時間いつでも入金できるうえ、入金反映時間が短い。
  • 最低入金額が低い。

 

STICPAYを使ってXMへ入金する時の注意点

注意1:STICPAYに入金する際の手数料がかかる

STICPAYを利用するには、STICPAYの口座を開設しSTICPAYの口座に一旦お金を入金する必要があります。

STICPAYに入金する際に手数料がかかります。

クレジットカート→入金額の3.85%
銀行振込→入金額の1%

STICPAYからXM口座に入金するときは無料でできます。

 

注意点2:出金時は入金額まではSTICPAYへ出金ができるが、利益分は電信送金でなければできない

出金時には、

  1. 入金をした額と同額までの出金は、入金方法と同じルートで出金すること
  2. 入金分を越えて出金(トレードでの利益分の出金)については、『電信送金(海外銀行送金)』に限る

など複数の基本ルールがあり、入金方法の手段によって出金方法はおのずと決まります。

STICPAYで入金すると、出金にも入金に使用したカードを使用しなければなりません

入金した金額まではSTICPAYへ出金(返金)を行いますが、

入金額以上の出金は、電信送金(海外銀行送金)を利用することになります。

出金時の出金方法が複数に分かれ、作業も複雑化することは覚えておいてください。

詳しくはこちら<<出金の方法>>

 

STICPAYを使った入金の手順

※STICPAYの口座開設および入金も済んだ状態以降のXMでの手順のみ紹介します。

手順①:XM会員ページからログインして、「資金を入金する」をクリックします。

会員ログインページはこちら

手順②:入金方法の一覧から、SticPayの「入金」のボタンをクリックします。

手順③:SticPayの情報&資金の入力します。

記載の留意点を確認してから情報を入力しましょう。

入金額(JPY):入金したい金額を入力(最低入金500円)

「入金」ボタンをクリックします。

手順④:入力情報の確認をします。

XM口座ID、入金額が正しければ、「確定」ボタンをクリックします。

手順⑤:SticPayのログインページに自動で移動します。

メールアドレス、パスワード、生年月日、(必要な方は認証コード)を入力して「ログイン」ボタンをクリックしてSticPayのページにログインします。

手順⑥:SticPayの支払いページに移動しますので、入金額を確認して、「今すぐ支払う」ボタンをクリックして完了です。

手順⑦:入金が確認でき次第、XMから完了メールが届きます。

XM口座に入金・ボーナスが反映されていることを確認しましょう。

 

BXONE Walletを使ったXMへの入金について

日本語表記対応をしていないオンラインウォレットです。

特徴としては、仮想通貨の入金が可能です。

仮想通貨をBXone に入金すると、BXone からXMに入金することも可能です。

BXONEを使ったXMへの入金についての概要

入金手数料 無料
BXONEへの入金には手数料がかかる
最低入金額 500円
入金反映時間の目安 数分程度
(平日24時間入金OK)

 

BXONEを使った入金のメリット

  • 平日なら24時間いつでも入金できるうえ、入金反映時間が短い。
  • 最低入金額が低い。

 

BXONEを使ってXMへ入金する時の注意点

注意1:BXONEに入金する際の手数料がかかる

BXONEを利用するには、BXONEの口座を開設しBXONEの口座に一旦お金を入金する必要があります。

BXONEに入金する際に手数料がかかります。

銀行振込の入金額100万円未満→入金額の1%
銀行振込の入金額100万円以上→入金額の0.5%

BXONEからXM口座に入金するときは無料でできます。

 

注意点2:出金時は入金額まではBXONEへ出金ができるが、利益分は電信送金でなければできない

出金時には、

  1. 入金をした額と同額までの出金は、入金方法と同じルートで出金すること
  2. 入金分を越えて出金(トレードでの利益分の出金)については、『電信送金(海外銀行送金)』に限る

など複数の基本ルールがあり、入金方法の手段によって出金方法はおのずと決まります。

BXONEで入金すると、出金にも入金に使用したカードを使用しなければなりません

入金した金額まではBXONEへ出金(返金)を行いますが、

入金額以上の出金は、電信送金(海外銀行送金)を利用することになります。

出金時の出金方法が複数に分かれ、作業も複雑化することは覚えておいてください。

詳しくはこちら<<出金の方法>>

 

BXONE Walletを使った入金の手順

※BXONEの口座開設および入金が済んだ状態以降のXMでの手順のみ紹介します。

手順①:XM会員ページからログインして、「資金を入金する」をクリックします。

会員ログインページはこちら

手順②:入金方法の一覧から、BXONE Walletの「入金」のボタンをクリックします。

手順③:BXONE Walletの情報&資金の入力します。

記載の留意点を確認してから情報を入力しましょう。

BXONE口座ID:BXONEで登録したアカウント番号

入金額(JPY):入金したい金額を入力(最低入金500円)

「入金」ボタンをクリックします。

手順④:入力情報の確認をします。

「XMの口座ID」、「入金額」が正しければ「確定」ボタンをクリックします。

手順⑤:BXONE Walletのログインページに自動で移動します。

BXONE登録時のメールアドレス、パスワードを入力します。

「私はロボットではありません」にチェックを入れ、「Login」ボタンをクリックしてログインしましょう。

2段階認証を設定している場合はBXONEに登録してある携帯番号宛にSMSが届きます。

記載されている6桁コードを入力して「Login」ボタンをクリックしてログインしましょう。

手順⑥:ログイン後、BXONEの送金画面に移りますので内容を確認し、「continue」ボタンをクリックします。

宛先のTradexfin LimitedはXMのことです。

手順⑦:送金確定画面(Make a payment from your wallet)に移動すればOKです。

「Close」ボタンで閉じましょう。

手順⑧:入金が確認でき次第、XMから完了メールが届きます。

XM口座に入金・ボーナスが反映されていることを確認しましょう。

 

スポンサーリンク

-XM

Copyright© すきまtimeねっと , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.