NEW ENTRY

優待

2020/6/24

非常食がもらえる優待銘柄|【6592】マブチモーター

非常食の管理を株主優待で行ってみたらどうか? こんな発想から始まった非常食銘柄シリーズです。 実際にどんな銘柄があるのか? 私が探しただけで、今のところ13銘柄発見できており(2019年12月現在)、第2弾まで完了しています。 序章:防災の備蓄を優待で管理するメリットデメリット 第1弾【1332】日本水産 第2弾①【7635】杉田エース 第2弾②【7635】杉田エースのチャート分析 これらの銘柄の株を保持していくことは現実的に考えてメリットはあるのか?(資産的な意味でも) リスクはどれくらいなのか? 第3 ...

ReadMore

株取引の基礎

2020/5/17

株式投資初心者が知っておきたい「情報収集」|電話でのIR問い合わせ

投資活動をして自分の資産を運用していくうえで、情報収集することも重要ですね。 普段は四季報、HPなどで情報を集めているかと思います。 しかし調べていると疑問が出てくることがありますよね。 たとえば、 優待内容って変更する予定あるかな? 優待は自社製品ってかいてあるけど、実際いくら分くらいのものなのだろう?(優待利回りしりたい) などなど。 会社説明会や、株主総会などのイベント時には直接企業に質問をすることができますが、日常的に質問をしたい時に活用したいのが「IRへの問い合わせ」です。 先日、初めてIRに電 ...

ReadMore

XM

2020/5/16

XMのロイヤルティプログラムで運用資金を増やす|XMトリセツ

XMロイヤルティプログラムとは、XMの取引(入金後のリアルトレードに限る)に応じて「XMTradingポイント=XMP」がもらえるポイント還元プログラムです。 貯まったポイントは、取引ボーナスや現金に換金でき、トレード資金として利用ができます。 そんなプログラムの詳細についてこの記事で解説します。 目次ロイヤルティプログラムの仕組み◆ロイヤルティプログラムの概要◆ロイヤルティプログラムの4つのステータス◆ランクアップの条件◆XMステータスランクダウンとポイント消失の条件貯まったロイヤルティポイントの確認方 ...

ReadMore

優待

2020/5/15

非常食がもらえる優待銘柄|【7635】杉田エース~チャート分析してみた~

非常食がもらえる優待銘柄の第2弾、【7635】杉田エース。 貰える優待内容や、必要資金などについてはこちらの記事で紹介しています。 個人的には、どんなに良い優待内容だからと株を保有し続けても、 株価が下がり続け「普通に非常食を買ったほうが安い」となってはリスクのほうが高いと考えています。 今回は、長期保有目的で購入すると仮定して、チャート分析から株価の変動におけるリスクがどの程度考えられるのか考察していきます。 杉田エースのチャート分析 杉田エースの分析を始めるあたって、、、 この銘柄、「板が薄い」という ...

ReadMore

money~資産運用~

2020/5/12

おすすめ証券会社~日本株口座ver.~

SBI証券 メリット スマホチャートの見やすさ◎&使いやすさ◎ 地方証券(札幌、名古屋、福岡証券)への注文が簡単にできる。 IPOポイントが貯められる。 PCツールの見やすさ〇(フル板は◎) 単元未満株の取引ができる デメリット スマホで歩み値が確認できない。 PCツールで歩み値が確認できるが、秒数までは表示されない。 売買が非常に多いとPCツールの歩み値が表示されずに飛ぶケースがある。(正しく歩み値が表示されない) SBIネオモバイル証券 メリット Tポイントで個別株の売買ができる。(日本初!!!!) ...

ReadMore

優待

2020/5/13

非常食がもらえる優待銘柄|【7635】杉田エース

こちらの記事では、非常食の管理を株主優待ですることが理想であるという話をしました。 実際にどんな銘柄があるのか? 私が探しただけで、今のところ13銘柄発見できています。(2019年12月現在) これらの銘柄の株を保持していくことは現実的に考えてメリットはあるのか?(資産的な意味でも) リスクはどれくらいなのか? シリーズ第1弾は【1332】日本水産(記事はこちら) 第2弾は【7635】杉田エース について考察します。 目次杉田エースってなんの会社??長期保存食を取り扱う「IZAMESHI」杉田エースの株主 ...

ReadMore

ダイエット

2020/3/25

ご飯の糖質を簡単OFF*キッチングッズTou Tool(トウトール)、管理栄養士が考察。

管理栄養士のあんずです。 近年糖質OFFダイエットが話題であり、本が出ていたりテレビでも頻繁に取り上げられていますね。 糖質を摂りすぎている人向けにおすすめらしいキッチングッズ「Tou Tool(トウトール)」ご存じですか? 2020年3月23日、お昼の情報番組「ヒルナンデス!」でも放映され話題になっておりましたので、どんな商品なのか調べてみました。 記事の最後に、糖質OFFについて少し触れていますので、最後まで是非ご覧いただきたいです。   Tou Tool(トウトール)ってどんな糖質OFFの ...

ReadMore

XM

2020/3/31

XM口座への入金方法(国内銀行送金・クレジット/デビットカード・bitwallet・STICPAY・BXONE)|XMトリセツ

必要に応じて運用資金を増やすには入金が必要です。 入金することで入金ボーナスも発生しますので、入金の方法も知っておきましょう。 入金手段も豊富で特徴もそれぞれ異なりますので、解説いたします。 <<入金ボーナスについてはこちら>> 目次XMへの入金手段の種類XMへの入金手段別の概要比較XMへの入金の手段を選ぶときの注目ポイント入金手段の注目ポイント①出金時のルール入金手段の注目ポイント②電子ウォレットを選ぶことで必要になる「手間とお金」入金手段の注目ポイント③入金手段を1つに決めるの ...

ReadMore

テクニカル分析のキホン

2020/2/27

株・FX初心者必見!これだけは覚えたい代表的なチャートパターン

株やFXでテクニカル分析をしている人は勉強する部分ではないでしょうか。 ここでは、代表的なものをまとめていきます。 ダブル系 ◆ダブルトップ ◆ダブルボトム 三尊系 ◆三尊天井 ◆逆三尊 トライアングル系 ◆三角持合い ◆下降トライアングル ◆上昇トライアングル ピンバー系 ◆上ヒゲ ◆下ヒゲ   N字 ◆上げ三法 ◆下げ三法 その他 ◆カップウィズハンドル ◆包み線 ◆デットキャットバウンス どんなチャートパターンが出現しているだろうか ◆2491 バリューコマース 月足 ◆日経平均先物 日足 ...

ReadMore

money~資産運用~

2019/12/29

株の専門用語ざっくり解説集|「非常食がもらえる優待銘柄紹介」記事ver.

優待銘柄紹介の本編はこちら 非常食の優待銘柄記事では、株の専門用語も沢山使用しています。 言葉が難しくてUターンされるのは悲しいので、ざっくり用語解説集をつくりましたので参考にしてください。 目次株主優待権利確定月配当利回り優待利回り総合利回りチャート日足・週足・月足チャートパターンダウ理論 株主優待 株主優待とは、株式を保有している人(株主)に対して企業がお礼として年に1回~2回程度贈るものです。 上場企業のすべてが株主優待制度を取り入れているワケではなく、ない企業もあります。 何株保有している人に贈呈 ...

ReadMore

スポンサーリンク

スポンサーリンク

XM

【PC版MT4】チャートの色やインジケーターのカスタマイズ設定(定型チャート&チャート組)|XM・MT4トリセツ

各ウィンドウの解説は<<こちら>>の記事でしましたが、初期設定のままでは使いづらいですよね。

チャートウィンドウは自分の戦略・手法によってカスタマイズに差がでるウィンドウだと思います。

チャートウィンドウをカスタマイズするのに覚えたいのは、以下の2つ。

  • 定型チャート
  • チャート組

定型チャートは、チャートの色やインジケーターの設定を複数保存することができます。

定型チャートをつくれば、初期のチャートウィンドウをこんな風に変えるのも簡単です。(あくまで一例ですよ!)

 

チャート組は、「チャートウィンドウ」を複数保存することができます。

定型チャートの保存&チャート組の保存を覚えるとチャートウィンドウの作成やチャートの表示切替が簡単にできますでの解説していきます。

チャートの設定をカスタマイズする

1.不要なチャートを閉じる

初期画面ではチャートが4種類整列して表示されています。

まずは1つだけ設定を完成させたいので、4種類のうち3種類の各チャートの右上の「×」を押して削除します。

 

2.チャートの種類を選ぶ

MT4では、バーチャート、ローソク足、ティックチャートと3種類のうちから表示設定が選択できます。

メニューバー→チャートからでも変更できます。

 

初期ではバーチャートが表示されていますので、他の2種類で表示したい人はツールバーから自分の使いたいチャートへ変更しましょう。

注意

下の画像、2枚のチャートを表示してありますが、どちらもUSDCHFの1時間のローソク足チャートです。

画像上部のチャートは縮小表示されているため、ロウソク足表示にしてあっても、バーチャートのような表示になっています。

表示が拡大・縮小してあるかの違いです。

チャートの種類を変更しても表示が変わらない人は、

ツールバーの拡大縮小ボタン()で表示を変えてみしてみましょう。

 

3.チャートのカラーの変更

チャート上で右クリック→「プロパティ」を押すと色の設定などができる画面が出現します。

配色設定の方法は2種類。

  • 基本配色をつかって簡単設定
  • 項目ごと設定するこだわり設定

それぞれの設定について説明します。

◆基本配色で簡単設定

基本配色として3パターン用意されています。

これを使うと見やすい配色で簡単カスタマイズができます。

パターン1:Yellow On Black

 

パターン2:Green On Black(初期設定はこれです)

 

パターン3:Black On White

 

◆項目ごとカスタマイズするこだわり設定

基本配色を利用せず、細かく1つ1つ設定することも可能です。

設定は、各項目の右側「v」を押すと色が変更ページがでてくるので、自分好みの色を選択しましょう。

  • 「None」・・・これを選ぶと色を設定していない状態になり選択中の項目を非表示にすることができます。
    (Noneを選択後再び色を設定したくなった場合は、「カスタム」をクリックすると色の選択ができるようになります。)
  • カスタム・・・これを選択するとより細かい色指定が可能になります。

 

 

 

パッと見てどの項目でチャートのどこが変化するのか分かりやすくするために奇抜な配色にしてみました。

各項目、少し細かく解説していきます。

 

背景色

チャート画面の背景の色です。

ロウソク足などの色が一緒でも背景色によって見やすさが大きく変わるので、先に決めるとよいですね。

 

前景色

時間軸やレートの表示の色が変えられます。

 

グリッド

縦軸横軸の目盛点線と現在価格ラインを表示する色です。

目盛線が要らないと思って消すと現在価格のラインも表示されなくなります。(現在価格の値はレート表示されます。)

ここで表示される現在価格ラインは売値(Bid)です。

買値(Ask)を表示させたい人は別項目「Askのライン」の設定を行ってください。

 

上昇バー・下降バー・上昇ロウソク足・下降ロウソク足・ラインチャート

  • 上昇バー:陽線のローソク足の外枠および髭
  • 下降バー:陰線のローソク足の外枠および髭
  • 上昇ロウソク足:陽線実体の塗りつぶし
  • 下降ロウソク足:陰線実体の塗りつぶし
  • ラインチャート:実体がないロウソク足、ティックチャートの色

 

出来高

出来高を表示した場合の色を設定できます。

初期設定では、出来高は非表示になっていますが、設定するとメインチャート下に表示が可能です。

 

出来高の表示方法1:プロパティから設定する

チャート上で右クリック→プロパティ→「全般」→「出来高の表示」右の□をクリックしてチェックを入れる

上記以外の出来高表示方法

メニューバーから設定する

メニューバー→チャート→出来高

 

Askのライン

現在買値価格ラインのライン色です。

「グリッド」で表示される価格は売値(bid)のものです。

初期設定では非表示になっていますが設定すると、チャート上に表示可能です。

Askのラインの表示方法:プロパティから設定する

チャート上で右クリック→プロパティ→「全般」→「Askのラインを表示」右の□をクリックしてチェックを入れましょう。

 

ストップレベル

ストップレベルの価格を表示させるときの色が設定できます。

ストップレベルとは・・・

指値・逆指値注文の際や自動売買に関係してくるものです。

買値から何pips離れていないと指値などの注文が約定できないよ!というものです。

たとえば、ストップレベルが10pipsに設定されている通貨ペアで、買値から±10pips以内の価格に指値注文をしても、約定せず注文が通らない状況になります。

通貨ペア・商品、FX業者によってもストップレベルは異なるので、注文をする前に必ず確認をしておきたい部分です。

各通貨ペア・商品のストップレベルの確認方法

①気配値ウィンドウに未登録の通貨ペア・商品のストップレベルを確認したい場合

気配値ウィンドウ内で右クリック→通貨ペアをクリックします。

 

ストップレベルを確認したい通貨ペアをクリックして「設定」ボタンをクリック→ストップレベルの項目を確認

 

 

②気配値ウィンドウに登録済みの通貨ペア・商品のストップレベルを確認したい場合

気配値ウィンドウの通貨ペア・商品を右クリック→「仕様」→ストップレベルの項目を確認

 

4.インジケーターの挿入

チャートを好みのカラーに設定できたら、続いてインジケーターを表示させていきましょう。

テクニカル分析の指標として使われるインジケーターですが、人によって利用するものは違います。

ここでは初期の状態でMT4に搭載されているインジケーターを簡単にチャートに反映するやり方を紹介します。

(インジケーターの追加ダウンロードは別記事にて紹介します。)

インジケーターの挿入手順

ナビゲーターウィンドウの「インディケータ」横の「+」をクリックし、挿入したいインジケーターを探します。

インジケーターの概要については<<こちら>>(只今作成中)

 

挿入したいインジケーターをクリックしたまま表示させたいチャート上でクリックを解除(ドロップ)

 

 

インジケーターの設定画面が表示されるので、

  • パラメーター
  • レベル表示
  • 選択表示

それぞれ設定をしてOKボタンをクリックします。

 

上記以外のインジケーター挿入方法

方法1

ナビゲーターウィンドウで挿入したいインジケーターを右クリック→「チャートに表示」をクリック。

※現在選択中のチャートにインジケーターが反映されます。

方法2

メニューバー→挿入→インジケーター→挿入したいインジケーターをクリック。

※現在選択中のチャートにインジケーターが反映されます。

 

1種類のインジケーターを複数使う方法

1種類のインジケーターを複数使うというのは、

例えば、移動平均線を5日、25日、75日で3本表示したいという場合です。

5日線で1回、25日線で1回、75日線で1回の計3回移動平均線のインジケーターを挿入、それぞれの設定内容を変更すればOKです。

 

メインチャート外に複数のインジケーターを表示する方法

移動平均線やボリンジャーバンドのようにメインチャート上に表示するインジケーターはチャートの表示サイズに影響をしません。

しかし、MACDやRSIなどのように、メインチャートの下部に表示させるインジケーターもあります。

このようなインジケーターを並列して複数表示させる場合、2種類の表示方法があります。

  • 複数のインジケーターを並列表示させる方法
  • 複数のインジケーターを重ねて表示させる方法

並列表示すると、メインチャートや各インジケーターの表示高さが狭くなるため、見づらさを感じます。

重ねて表示を利用すると、インジケーターの数が増えるたびに複雑になり見づらさを感じます。

どちらもデメリットはありますが、それぞれの挿入方法を解説しますので、ご自身のお好きな表示方法を利用してください。

 

インジケーター挿入前

 

複数のインジケーターを並列表示で挿入した場合

 

複数のインジケーターを重ねて表示で挿入した場合

◆複数のインジケーターを並列表示する手順

2個目以降のオシレーターを挿入するときがポイントとなります。

メインチャートの表示範囲内に2個目以降のインジケーターを挿入をすると複数のインジケーターが独立の並列した状態で表示されます。

 

◆複数のインジケーターを重ねて表示する手順

2個目以降のオシレーターを挿入するときがポイントとなります。

重ねて表示させたいオシレーターの表示範囲内に、2個目以降のインジケーターを挿入をすると、重ねて表示することができます。

 

挿入したインジケーターの設定を変える手順

挿入時に設定した条件からインジケーターの設定を変更したい場合の手順です。

チャート上でクリック、メニューがでてくるので「表示中のインジケーター」を選択します。

現在チャート上に表示中のインジケーターが表示されます。

設定変更をしたいインジケーターを選択して「編集」をクリックします。

 

選択したインジケーターの設定画面が出現するので、設定をしなおして「OK」ボタンをクリックすれば完了です。

 

インジケーターの削除手順

挿入したインジケーターをチャート上から削除したい時の手順です。

チャート上でクリック、メニューがでてくるので「表示中のインジケーター」を選択します。

現在チャート上に表示中のインジケーターが表示されます。

設定変更をしたいインジケーターを選択して「削除」をクリックすればOKです。

 

 

つくったチャートを「定型チャート」として保存

新規チャートを開くと初期設定のチャートが表示されるため、1からの設定・・・

こんなめんどくさくて時間のかかる作業を毎回行う必要はありません。

上記の作業で自分用にカスタマイズしたチャートを「定型チャート」として保存をすると、

新規チャートを開いたときも簡単に自分用のカスタマイズチャートを呼び出すことができます。

しかも、定型チャートはいくつでも保存ができますので、自分の戦略に合った定型チャートを作っておくことも可能です。

1.定型チャートを保存する手順

①保存したいチャートを右クリックします。

 

②定型チャート→「定型として保存」をクリック

 

③保存画面が表示されるので、わかりやすい保存名に変更して、「保存」ボタンをクリック。

上書き保存したい場合は、上書きしたい定型チャート名を選んで「保存」ボタンをクリックすればOK。

※チャートの色やインジケーターが定型として保存されます。

 

保存した定型チャートはツールバーの「チャートの定型設定」のメニュー内に反映されます。

上記以外の保存方法

ツールバーの「チャートの定型設定」からでも簡単に保存できます。

 

2.保存した定型チャートの削除

定型チャートとして保存したものも、不要になったりすることもありますよね。

初期にも数種類定型チャートが設定されていますが、それも邪魔!と感じる人もいると思います。

そんな時は定型チャートの管理をしやすいように不要になった定型チャートは削除しておくとよいでしょう。

保存した定型チャートの削除手順

①ツールバーの「チャートの定型設定」

②定型を削除

③定型チャートの一覧から削除したいチャートをクリック

上記以外の削除方法

チャート上で右クリック→②定型チャート→③定型を削除からでも操作できます。

 

チャートウィンドウを完成させる

定型チャートを利用すると、簡単に複数のチャートをチャートウィンドウに表示させることができます。

定型チャートをつかって、自分用にチャートウィンドウをカスタマイズしてみましょう。

 

1.新規チャートをチャートウィンドウに挿入する

ツールバーの「新規チャートの作成」→追加したい通貨ペア・商品を選択します。

チャートウィンドウに新規チャートが出現します。

 

※気配値ウィンドウに登録済みの通貨ペアや商品のチャートを新規表示させたい場合は、

気配値ウィンドウ内の通貨ペア・商品を右クリック→「チャートを表示」をクリック

 

2.新規表示したチャートに保存した定型チャートを表示させる

①チャートを右クリック

②定型チャートを選択

③定型チャートの一覧が表示されるので、呼び出したい定型チャートを選択すると、チャートに反映されます。

上記以外の表示方法

ツールバーの「チャートの定型の設定」からでもできます。

 

チャートの挿入と、定型チャートを使えば、下記のような画面は一瞬で作成が可能です!

 

挿入したチャートは、チャートウィンドウ内に無造作に挿入され、とても見づらいです。

メニューバーの「ウィンドウ」から、分割表示の仕方が選択できます

これを使うと均等表示が簡単にできますので、是非使ってください。

チャートウィンドウの概要は<<こちら>>の記事で解説しています。

 

カスタマイズしたチャートウィンドウを保存する(チャートの組の作成・保存・削除)

続いては、チャートウィンドウを複数パターン保存する「チャート組」について解説します。

チャート組も、複数保存が可能です。

これを使うと、

「USDJPYの1分足、15分足、1時間足、日足の4つを1画面に表示」したチャートウィンドウ

「EURUSDの1分足、15分足、1時間足、日足の4つを1画面に表示」のチャートウィンドウ

という具合に保存ができるため、複数の通貨ペアや商品の監視切替が簡単にできます。

 

1.チャート組の保存手順

①ツールバーの「チャート組の表示」アイコンをクリック

→名前を付けて保存をクリックします。

 

②「名前を入力」の画面がでるので、登録したい名前を入力して「OK」をクリック

 

上記以外の保存方法

メニュバーの「ファイル」→「チャートの組表示」→「名前を付けて保存」をクリックからでも登録できます。

 

注意

保存したチャート組は、最後に表示していた状態が常に上書き保存されます。

うっかりチャートを削除したりすると、削除したものが保存されます。

お試し編集したい場合は、チャート組を別名で保存してから作業することをおすすめします。

 

2.保存したチャート組をチャートウィンドウに表示させる

保存したチャート組を呼び出す手順について解説します。

①ツールバーの「チャート組の表示」アイコンをクリックします。

②チャートの組の一覧から、表示させたい組をクリックすればOK。

(現在表示中のチャート組の右側にレ点がついています。)

 

3.保存したチャート組を削除する

定型チャートとして保存したものも、不要になったりすることもありますよね。

初期にも数種類定型チャートが設定されていますが、それも邪魔!と感じる人もいると思います。

そんな時は定型チャートの管理をしやすいように不要になった定型チャートは削除しておくとよいでしょう。

保存したチャート組の削除手順

①ツールバーの「チャート組の表示」アイコンをクリックします。

②「削除」をクリックし

 

チャートウィンドウのカスタマイズ完了!!

以上で、基本のチャートウィンドウカスタマイズは完了です。

「定型チャート」、「チャート組」をマスターすると、通貨ペアの監視効率はかなりUPすること間違いなしですね!

お疲れ様です!!!

スポンサーリンク

-XM

Copyright© すきまtimeねっと , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.