NEW ENTRY

優待

2020/8/13

デリカフーズHDの適時開示、優待はどう変わるのか?~利回り計算してみた~

2020年8月12日、【3392】デリカフーズHDから、優待の適時開示が発表されましたね。 株主優待制度の一部変更に関するお知らせ 中長期に保有してくれる株主を大事にしていくことを目的に改正したそうですが、細かく変更されておりました。 パッと見た限りでは「改悪」。Twitterでもそう言われていました。 どのように変わったのでしょうか。。。 デリカフーズHDってどんな会社? ©デリカフーズ せっかくなので何をやっている会社なのか調べてみました。 公式サイトには「業務用の八百屋」とありました。 ファミレスな ...

ReadMore

優待

2020/8/10

非常食がもらえる優待銘柄|【1909】日本ドライケミカル

非常食優待シリーズも今回で第5弾です。 非常食がもらえる銘柄は私が探しただけで、今のところ15銘柄発見できています。(2020年8月現在) これらの銘柄の株を保持していくことは現実的に考えてメリットはあるのか?(資産的な意味でも) リスクはどれくらいなのか? 序章の記事でメリットデメリットを考えています。 まだご覧になっていない方は是非拝読いただきたいです。 序章:防災の備蓄を優待で管理するメリットデメリット 第1弾【1332】日本水産 第2弾①【7635】杉田エース 第2弾②【7635】杉田エースのチャ ...

ReadMore

優待

2020/7/14

非常食がもらえる優待銘柄|【3167】TOKAIホールディングス

こちらの記事では、非常食の管理を株主優待ですることが理想であるという話をしました。 実際にどんな銘柄があるのか? 私が探しただけで、今のところ14銘柄発見できています。(2020年7月現在) これらの銘柄の株を保持していくことは現実的に考えてメリットはあるのか?(資産的な意味でも) リスクはどれくらいなのか? シリーズ第1弾【1332】日本水産(記事はこちら) シリーズ第2弾①【7635】杉田エース(記事はこちら) シリーズ第2弾②【7635】杉田エースのチャート分析(記事はこちら) シリーズ第3弾【65 ...

ReadMore

優待

2020/8/9

非常食がもらえる優待銘柄|【6592】マブチモーター

非常食の管理を株主優待で行ってみたらどうか? こんな発想から始まった非常食銘柄シリーズです。 実際にどんな銘柄があるのか? 私が探しただけで、今のところ13銘柄発見できており(2019年12月現在)、第2弾まで完了しています。 序章:防災の備蓄を優待で管理するメリットデメリット 第1弾【1332】日本水産 第2弾①【7635】杉田エース 第2弾②【7635】杉田エースのチャート分析 これらの銘柄の株を保持していくことは現実的に考えてメリットはあるのか?(資産的な意味でも) リスクはどれくらいなのか? 第3 ...

ReadMore

株取引の基礎

2020/5/17

株式投資初心者が知っておきたい「情報収集」|電話でのIR問い合わせ

投資活動をして自分の資産を運用していくうえで、情報収集することも重要ですね。 普段は四季報、HPなどで情報を集めているかと思います。 しかし調べていると疑問が出てくることがありますよね。 たとえば、 優待内容って変更する予定あるかな? 優待は自社製品ってかいてあるけど、実際いくら分くらいのものなのだろう?(優待利回りしりたい) などなど。 会社説明会や、株主総会などのイベント時には直接企業に質問をすることができますが、日常的に質問をしたい時に活用したいのが「IRへの問い合わせ」です。 先日、初めてIRに電 ...

ReadMore

XM

2020/5/16

XMのロイヤルティプログラムで運用資金を増やす|XMトリセツ

XMロイヤルティプログラムとは、XMの取引(入金後のリアルトレードに限る)に応じて「XMTradingポイント=XMP」がもらえるポイント還元プログラムです。 貯まったポイントは、取引ボーナスや現金に換金でき、トレード資金として利用ができます。 そんなプログラムの詳細についてこの記事で解説します。 目次ロイヤルティプログラムの仕組み◆ロイヤルティプログラムの概要◆ロイヤルティプログラムの4つのステータス◆ランクアップの条件◆XMステータスランクダウンとポイント消失の条件貯まったロイヤルティポイントの確認方 ...

ReadMore

優待

2020/5/15

非常食がもらえる優待銘柄|【7635】杉田エース~チャート分析してみた~

非常食がもらえる優待銘柄の第2弾、【7635】杉田エース。 貰える優待内容や、必要資金などについてはこちらの記事で紹介しています。 個人的には、どんなに良い優待内容だからと株を保有し続けても、 株価が下がり続け「普通に非常食を買ったほうが安い」となってはリスクのほうが高いと考えています。 今回は、長期保有目的で購入すると仮定して、チャート分析から株価の変動におけるリスクがどの程度考えられるのか考察していきます。 杉田エースのチャート分析 杉田エースの分析を始めるあたって、、、 この銘柄、「板が薄い」という ...

ReadMore

money~資産運用~

2020/5/12

おすすめ証券会社~日本株口座ver.~

SBI証券 メリット スマホチャートの見やすさ◎&使いやすさ◎ 地方証券(札幌、名古屋、福岡証券)への注文が簡単にできる。 IPOポイントが貯められる。 PCツールの見やすさ〇(フル板は◎) 単元未満株の取引ができる デメリット スマホで歩み値が確認できない。 PCツールで歩み値が確認できるが、秒数までは表示されない。 売買が非常に多いとPCツールの歩み値が表示されずに飛ぶケースがある。(正しく歩み値が表示されない) SBIネオモバイル証券 メリット Tポイントで個別株の売買ができる。(日本初!!!!) ...

ReadMore

優待

2020/5/13

非常食がもらえる優待銘柄|【7635】杉田エース

こちらの記事では、非常食の管理を株主優待ですることが理想であるという話をしました。 実際にどんな銘柄があるのか? 私が探しただけで、今のところ13銘柄発見できています。(2019年12月現在) これらの銘柄の株を保持していくことは現実的に考えてメリットはあるのか?(資産的な意味でも) リスクはどれくらいなのか? シリーズ第1弾は【1332】日本水産(記事はこちら) 第2弾は【7635】杉田エース について考察します。 目次杉田エースってなんの会社??長期保存食を取り扱う「IZAMESHI」杉田エースの株主 ...

ReadMore

ダイエット

2020/8/12

ご飯の糖質を簡単OFF*キッチングッズTou Tool(トウトール)、管理栄養士が考察。

管理栄養士のあんずです。 近年糖質OFFダイエットが話題であり、本が出ていたりテレビでも頻繁に取り上げられていますね。 糖質を摂りすぎている人向けにおすすめらしいキッチングッズ「Tou Tool(トウトール)」ご存じですか? 2020年3月23日、お昼の情報番組「ヒルナンデス!」でも放映され話題になっておりましたので、どんな商品なのか調べてみました。 記事の最後に、糖質OFFについて少し触れていますので、最後まで是非ご覧いただきたいです。   Tou Tool(トウトール)ってどんな糖質OFFの ...

ReadMore

スポンサーリンク

スポンサーリンク

XM

海外FX業者を選ぶならXM~何がおすすめ?~

株の取引き経験はあるけど、違う商品ははじめて。

株もやったことないけど資産運用に興味があるのでFXをはじめよう。

数あるFX業者、結局どこの会社が一番いいの!?

メリットデメリットの比較をされたところで「よくわからない」のが実情ではないでしょうか。

  • FX初心者
  • 資金が200万円以下
  • 借金はしたくない
  • ボーナスキャンペーンを使って0円からトレードしたい
  • 様々なFX以外にも商品先物や貴金属など違う商品もトレードしたい
  • 安全な会社でトレードしたい

こんな方は是非最後まで読んでください。

海外FX業者のXMをおすすめするワケ解説します。

この記事でわかること

  • XMの特徴
  • XMの弱み⁉
  • XMの口座開設に向いている人、向いていない人

 

XMの特徴1:マイナス残高リセット(ゼロカット)システムが導入されている

国内X業者ではまだ取り入れられていない通称「ゼロカット」システムが海外FX業者のXMでは導入されています。

簡単に言うと「借金になることがない」システムです。

一体どういうものなのかについて説明します。

◆証拠金50万円で損失80万円になった場合を例に図にしました。

 

ゼロカットシステム

ゼロカットシステムは、証拠金以上の損失が発生してしまったときに重要となるシステムです。

※上記画像の右側の図をご覧ください

証拠金以上の損失が発生した場合、証拠金で補いきれない損失は業者が負担してくれます。

つまり、証拠金が0円になることはあっても、それ以上の損失が発生することがないので、「想像を超える支払額」になることはありません。

(ゼロカットシステムを導入している海外FX業者の一部では、損失が多額になったときに損失分の請求をしてきた業者もあるようです。。。)

ゼロカットは、エントリー位置から一度でも資産が0になると強制決済となりますので、注意が必要ですが、

口座に入れた金額以上のリスクはないと分かっているため、初心者にはおすすめです。

(含み損のままポジションをもつことができないという事です。)

追証システム

一方、ゼロカットシステムを取り入れていない国内FX業者は「追証」システムがあります。

※上記画像の左側の図をご覧ください

証拠金以上の損失が発生した場合、証拠金で補いきれない損失分は入金して支払いをする義務があります。

入金には期限もあります。

追証は、法的には借金扱いであるため、最悪の場合財産を差し押さえられます。

 

ゼロカットシステムが成り立つワケ

証拠金以上の損失をすべてFX業者で取り持つわけですから、暴落時などは特にFX業者にはリスクです。

それでもゼロカットシステムを導入できるのは、取引方式のによってFX業者の「利益源」に違いがある点に秘密が隠されています。

ゼロカットシステムを導入できる海外FX業者が取り入れているのは、NDD方式。

追証システムを導入している国内FX業者が取り入れているのは、DD方式といいます。

それぞれの違いを見てみましょう。

スプレッドで利益を得るNDD方式(海外FX業者)

海外FX業者が取り入れているNDD方式です。

FX業者は、投資家の注文を金融機関に取り次ぐだけで、注文はトレーダーと金融機関が直接注文のやり取りを行います。

FX業者の利益はスプレット(取引時に必要となる手数料のようなもの)となるので、投資家には多くの取引を行ってもらうことが利益になります。

(※スプレットについては後述してあります。)

つまり、投資家に借金として支払いさせるよりゼロカットをするほうが、次の投資家の取引(FX業者の利益)へと繋がるのです。

投資家の損失で利益を得るDD方式(国内FX業者)

国内FX業者が取り入れている方式です。

投資家と金融機関の間にディーラーが入り、金融機関と投資家が直接注文のやりとりをすることはありません。

投資家の注文をFX業者が受付て資金をかかえ、ディーラーが金融機関と取引を行います。

投資家の取引相手はFX業者です。投資家の損失がFX業者の利益、投資家の利益はFX業者の損失です。

そのため、ゼロカットシステムではなく追証システムが導入されています。

XMの特徴2:取り扱い商品の豊富さ

XMでは、

  • FX(57種類)
  • 商品先物(8種類)
  • 株価指数(30種類)
  • 貴金属(2種類)
  • エネルギー(5種類)
  • 仮想通貨(2019年11月現在取引停止中)

と取り扱い商品が豊富です。

海外FX業者ではFXの通貨以外お取り扱いをしているところがですが、国内FX業者は、通貨ペアの取り扱いのみの場合が多いです。

各商品、上昇トレンドに突入する時期が必ず同じというワケではありません。

商品ごとのイージーゲーム相場を見つけ、トレンドにのれるかどうかもトレーダーの力量です。

しかし、取扱商品が少ない業者を選ぶと、違う商品の相場の波にのるには違う口座を申請する必要がでてくるため、手続きの手間、口座開設まで時間も必要となります。

FX以外の商品も取り扱っているXMでは、さまざまな商品のイージーゲームにものれる準備ができるのが特徴の1つです。

 

XMの特徴3:海外FX業者だけど信頼度が高い

(セーシェル金融庁(FSA)の金融ライセンス)

 

XMの運営は「tradung Point」という世界的な金融ブランドが行っています。

複数の金融ライセンスを取得しており、最難関といわれるキプロス金融庁のライセンスも所有しています。

XMが所有するライセンス一覧

  • キプロス証券取引委員会(CySEC)
  • セーシェル金融庁(FSA)
  • MiFID(欧州金融商品市場令)
  • 英国金融行為監督機構(FCA)

(金融ライセンスとは、金融規制当局がFX業者に対して「信頼の証」として与える許認可登録です。)

国内はもちろん海外での利用者数も多く、30国の言語に対応もしています。

こうした信頼度の高さから、海外FX業者の中でもXMをおすすめします。

XMの特徴4:最大レバレッジ888倍

レバレッジとは、自分の資金を担保にお金を借りて資金を引き上げトレードをするということです。

レバレッジ1倍

レバレッジ10倍

たとえば、証拠金10万円でレバレッジをかけずに運用をすると、当たり前ですが10万円分の通貨しか買えません。

※上記の図、左側をご覧ください。

しかし、同じ10万円分を運用するにも、10倍のレバレッジをかけると1万円で運用が可能です。

※上記の図、右側をご覧ください。

10万円の証拠金に最大の888倍のレバレッジをかけると、888倍である8880万円分の外貨を取引できることになります。

メモ

※XMでは、証拠金が200万以上になると、レバレッジは200倍までと制限がかかります
200万以上の資金を運用する人は他の観点からも他社との比較をおすすめします。

※一部商品にはレバレッジ制限があるものもあります。

ここで注意しなけらばならないのは、「レバレッジをかけると、得られる利益も損失にもレバレッジがかかる。」ということです。

888倍のレバレッジをかけると、利益も損失も888倍です。

例)【1ドル100円で】1000通貨をロング(買建て)する場合

(スワップポイントは無視して計算しています)

レバレッジ1倍

1000米ドル×100円÷1倍=100,000円の証拠金が必要

プラス1円の101円で売り決済をすると、

1,000米ドル×1円=1,000円の利益。

証拠金100,000円に対して0.1%の利益。

レバレッジ10倍

1000米ドル×100円÷10倍=10,000円の証拠金が必要

プラス1円の101円で売り決済をすると、

1,000米ドル×1円=1,000円の利益。

証拠金10,000円に対して1%の利益。

 

レバレッジをかけると、同じ建玉をするにも低資金で運用ができますが、損益率はレバレッジを高くするほど高くなっているのがお分かりいただけると思います。

こう聞くとレバレッジが888倍までかけられることは、メリットなのか・・・?と思いますね。

なぜメリットであるのか、これには、FXのボラティリティ(価格変動率)が関係しています。

商品によるボラティリティの差

国内個別株は、銘柄にもよりますが、1日で10、20円はもちろん100円以上値動きするものがたくさんあります。

しかしFX、特に、流動性の高い通貨ペアにおいては、価格が安定しているのでボラティリティ(価格変動率)が低いという特徴があります。

ではここで、USDJPY(ドル円)のボラティリティをみてみましょう。

 

上のチャートはUSDJPY日足です。

約1円ごとに白い水平ラインを引いています。

1本のローソク足で2本以上跨いでいる日はほとんどないのがお分かりいただけると思います。

つまり、USDJPYにおいては、1日に1円変動した日はボラティリティ(価格変動率)が高いといえます。

(1日の平均ボラティリティは1円以下)

これが何を意味しているかというと、

FXなどの商品は、値幅で利益を得るものです。

ボラティリティ(価格変動率)が低い商品で利益を伸ばすためには、

大量の資金で1回の取引通貨量を増やす

もしくは

限られた資金にレバレッジをかけて利益を伸ばす

以外にあり得ません。

さきほど説明したように、レバレッジをかけての取引はリスクを伴います。

スイングトレードで時間軸を伸ばしてハイレバレッジをかけるとリスクが増加し、急な暴落時などはとても危険です。

しかし、トレード中に注視すべき材料(経済発表が間もなく控えているなど)がない状況下において、時間軸の短いトレードをするときに高レバレッジを使用するとどうでしょうか。

XMでは、ゼロカットシステムが導入されているため、リスクは自分の証拠金全額です。

それを背にリターンを見積もって限られたリスクでトレードを行うことができる、ということです。

XMの特徴5:充実したボーナスキャンペーン

XMはボーナスキャンペーンに力を入れています。

口座開設で3000円、さらに入金額に応じて最大50万円のボーナスが発生します。

ボーナスは取引に使用する資金として利用できるため、初心者は口座開設で得られる3000円を利用すれば0円からFX取引をスタートすることができます。

最大50万円もらえる入金ボーナスは、入金額に応じてボーナスを受け取ることができ、資金の足しに使えます。

 

XMの特徴6:取引するともらえるポイントがもらえるロイヤルティプログラム

XMロイヤルティプログラムとは、取引によって現金ボーナス報酬に交換できる「XMTradingポイント=XMP」が貯まるポイント還元プログラムです。

トレード時間が10分以上のトレードを行うと、1ロット往復トレードあたりでポイントが付与されます。

(ロットとは、FXの取引単位のことを指します。)

取引日数によってステータスが4段階に分かれており、多くの日数トレードした人ほどポイント還元率が上がる仕組みです。

貯まったポイントは、取引ボーナスや現金に換金でき、トレード資金として利用ができます。

リアルトレードを続ける人にはおすすめのポイントシステムです。

 

XMの弱点⁉:スプレッドの広さ

数々の強みを紹介しましたが、スプレットは特別狭いということではありません。

これはゼロカットシステムを導入していてスプレットが利益の源ということもあり、国内FX業者と比較すると高めです。

しかし、XMではロイヤルティプログラムのポイント還元システムがあります。

短時間取引のスキャルパー以外であれば、取引するたびにポイントとして還元されるという強みを持っています。

手数料の一部は自分に還元されると考えてよいでしょう。

XMの各通貨・商品のスプレッドが確認したい方

XMでは変動スプレッド制を導入しており、リアルタイムで変動します。

(取引量などで、スプレッドが安定しやすい時間、しにくい時間等もあります。)

1日の平均スプレッドが公式ページで確認できます。

XM公式HPで各通貨・商品ごとの1日の平均スプレッドを確認する

 

そもそもスプレッドとは・・・

買値と売値の差額のことです。

スプレッドが取引するときの手数料となるので、狭いほうがお得ということです。

例えばUSDJPYの場合、

買値(Ask)とは、日本円から米ドルに換金する(米ドルを買いたい)ことを指し、

売値(Bid)とは、米ドルから日本円に換金する(米ドルを売りたい)ことを指します。

売値(Bid)が108.886円、買値(Ask)が108.901円のとき0.015円(1.5銭)がスプレッド1.5pipsとなります。

スプレッド×取引通貨量(lot)が実際の手数料として発生するので、1000通貨取引を行うと0.015×1000=15円です。

 

XMの口座開設が向いている人向いていない人

XMの強みについて解説をしましたが、XMの口座開設に向いているケースをまとめました。

  • FX初心者
  • 資金が200万円以下
  • 借金はしたくない
  • ボーナスキャンペーンを使って0円からトレードしたい
  • 様々なFX以外にも商品先物や貴金属など違う商品もトレードしたい
  • 安全な会社でトレードしたい

当てはまる人は、海外FX業者の中ではXMが向いていますので是非口座開設して、低資金からスタートしてみましょう。

逆に、

  • 1トレード10分以内のスキャルパー
  • 証拠金200万円以上を運用したい
  • 追証があっても国内業者を使いたい

このような人は別のFX業者を探すことがおすすめです。

FX業者のメリットデメリットまとめはこちら

おすすめ証券会社~FX口座ver.~

証券会社って沢山ありすぎて迷いませんか? おすすめの証券会社のメリットデメリットなど簡単にまとめました。 今回はFX編です。 DMM FX FX口座数が国内第1位。(2019年1月末時点、ファイナンス ...

さいごに、まとめ

XMの特徴についてまとめましたが、投資においてリスクはつきものです。

その中で重要なのは、いかによりリスクを限定的にして利益を伸ばせる状況を作り出すかではないでしょうか。

XMの特徴である信頼の高さ、ゼロカットシステム、最高888倍のレバレッジで少ない通貨量(lot)で運用できるXMのメリットは大きいでしょう。

口座を開設するとデモトレードを行うことも可能ですので、まずはそちらから利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

-XM

Copyright© すきまtimeねっと , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.